妊活でホットヨガを検討してる方へ
お一人様向きスタジオ
比較ランキング

【インストラクターは見た】ホットヨガのやりすぎによる健康被害・デメリット

初心者ホットヨガの教科書

「ホットヨガってやればやるほど、健康になるかしら??」

答えはNO。
体を壊すホットヨガのインストラクターが多いことは業界でも有名な話。

しかしながら、気をつけるべき点を守っていれば全く問題ないのでご安心ください。
注意点と具体的な症状をまとめました。

ホットヨガのやりすぎによる健康被害

自力で汗をかけなくなったOさん

ダイエット目的で毎日通ってくださってたOさん。
体質的に汗をかきずらく、加齢による代謝の低下で太りやすい状態。

だからこそホットヨガの効果が出やすく、本人もドハマりしてました。
休日には1日3~5クラスのヨガを受講することも。

「明日から1週間海外旅行いってくるんでお休みします♡」

リゾートで水着をきるためにホットヨガをがんばってきた彼女。
満足のいく成果も出て、笑顔で旅行へ。

しかしながら、帰国し1週間ぶりにスタジオきた彼女の体は、スタッフが、一目見てぎょっとするような状態になってたのです。。
なんとたった1週間の旅行で一回り以上浮腫んで帰国。

む、、むくみすぎ。。。。

話を聞くと、常夏の東南アジアを旅行したにも関わらず、ほぼ汗がかけなかったそう..

さすがの本人もこれはまずいと思ったようで、その後ホットヨガの回数を週3回までに減らしたことで、徐々に日常生活でも汗をかけるようになりました。

やりすぎ!だめ!

一度痩せたあと太るようになったAさん

一時的に痩せた後、今度は太り始める方がごく少数ですがいらっしゃいます。
共通してるのは、ホットヨガのやりすぎ。

ダイエット目的で始めた方ほど、

「もっと痩せたい!!」
「リバウンドが怖い…」

という理由から依存症になりがちなのですが、これが思わぬ弊害をもたらします。

原因ははっきり解明されてないのですが、大量の水分摂取と汗をかく行為が日常化することで腎臓が疲弊した結果とも言われてます。

解決方法は、「回数を減らす」こと。
不思議なことに体重の増加が止まります。

簡単なことなのですが、減らす=太るという固定観念が強い方ほどこの症状に悩まされるので、解決に時間がかかるケースことも。

※誤解のないよう、毎日しても平気な人が大半です。
インストラクターも毎日かなりの量のクラスをこなしてますが、痩せてます。

怒りやすくなったMさん

初めて来店した時はとても遠慮がちだったMさん。
スタジオに慣れるにつれて笑顔が増え、ヨガ中ものびのびされてたのもつかの間。

次第に、レッスン中に自分の周りの生徒さんにイライラし、顔つきが険しくなってるのが手にとってわかるように。

ま、、またイライラしてる・・・Mさん・・・

話をきくと、イライラすることが増え、仕事でも他人のミスが許せなくなってきてしんどいののこと。

典型的な『熱が抜けてない』状態です。

真夏のディズニーランドの混雑を想像してみてください。
体もしんどいし、普段ならイライラしないことにも腹がたってしまうのは容易に想像できると思います。

ホットヨガは体を一時的に温めて発汗し、血行促進しますが、体質的に熱が抜けにくい方が居ます。

こんな症状がでたら回数を減らそう

ホットヨガ後だるい・発熱

「ホットヨガをした夜は体がだるい」
「体温を測ったら熱がでていた」

こんな方は熱が抜けにくい方です。
徐々に体は慣れていきますが、正直いうとホットヨガ自体をあまりおススメしません。

生理遅れる

生理周期が狂うようになったら一端ストップです。

意外に多いインストラクターの流産についてはこちらの記事にまとめてます。
妊活を目的としてる方は目を通しておいてください。

妊娠中のホットヨガは危険?安定期を過ぎたら大丈夫?流産の危険性とは
「妊活でホットヨガを始めて、無事妊娠。妊娠してからも継続した方がいいのかな?」 妊娠発覚後もホットヨガを継続していいのか、安定期に入れば大丈夫なのか、スタジオへの問い合わせで意外と多いのが、妊娠に関わる質問です。 ということで、今日は妊...

ホットヨガで肌が荒れる

好転反応、毒素が抜けてる、といった意見もありますが、私は好転反応には懐疑的です。

私自身も大量のニキビに悩まされたことがあり、その際はミネラルを摂取することで解決しました

飲み物については別記事でまとめています。

ホットヨガの効果を高める飲み物・栄養補給法
「ホットヨガで飲むのは何がいいのかな?」 「水素水?それともコントレックス?」 数年前までは、コントレックスを持参してる生徒さんが多かったですが、最近は、水素水を販売してるスタジオが増えたこともあり、ボトルだけ持参してスタジオで補充する...

ホットヨガが合わない体質

ホットヨガが体質的に合わない方はいます。
万人に合うものではないことは頭にいれておいてください。

そのためどのスタジオでも体験レッスンを用意してます。
一度受ければ合う/合わないは明確に分かるので、悩むなら体験レッスンを受講してみるのが一番手っとり早い解決策です。

暑さ・湿気に弱い

サウナが苦手な方にはきついと思います。
冬が苦手で冷え症な方は、気持ちよかったという方が多いですね。

汗をかきやすい体質

元々汗をかきやすい体質の人は、無理にホットヨガをすると、過剰な発汗で逆に疲労するケースがあります。

レッスン後に、しっかりとミネラルと水分補給をするように心がけましょう。

ホットヨガで気をつけること3つ

  • やりすぎない!
  • 体の変化に気を配る!
  • 異常を感じたら休憩!

ホットヨガは、生涯を通じて楽しむことができる運動です。
無理をして体を壊しては元も子もありません。

10年後、20年後の自分を想像しながら楽しみながら続けてみてください♡