妊活でホットヨガを検討してる方へ
お一人様向きスタジオ
比較ランキング

ホットヨガ体験当日にないと困るのに忘れそうなグッツ5選

あると便利なグッツ

「HPの案内に書いてあるものだけで大丈夫なのかな?」

HPには入会に必要なものはしっかり書いてあるのですが、ホットヨガの体験で使う持参物については「もうひと声ほしい!」と思う内容です。

忘れるとホットヨガをする上で困るものを厳選してご紹介します。

①髪ゴム

髪の長い方は要注意。
意外と忘れる方が多いのですが、ゴムがないとホットヨガは悲惨です。

もし忘れたらインストラクターにその旨を伝えましょう。
スタジオによっては、忘れた方向けに使い捨てのゴムを用意してます。

②ビニール袋

濡れた下着を入れるビニール袋は必須!
忘れやすいのですが、ないと本当に困ります。

スタジオによっては常備していたり、忘れた人にお出しすることもありますが、持参しておくと安心でしょう。

私はビニール袋のためにコンビニでよく飲み物買ってました

③メイク落とし・化粧水

汗を大量にかくので、レッスン前にメイクを落とされる方が大半です。
(必須ではないので、メイクをしたまま受けるかたもいらっしゃいます)

スタジオに備え付けもありますが、敏感肌の方はご自身で持参することをおススメします。
シャワー後の化粧水も同様に肌に合うものを準備しておきましょう。

ホットヨガの後は毛穴が開いて吸収がよくなってるので、お気に入りの化粧水をつけると本当に気持ちいいですよ♪

ホットヨガのシャワーは必須ではありません

ホットヨガでかく汗はサラサラでベトつきません。シャワーなしで帰宅も可能です。
私も自宅に帰ってゆっくりお風呂に入りたいタイプなので、スタジオでは汗を拭いて服だけ着替えてさっと帰ります。

特に夜のシャワーは混むので、さっさと帰りたい方は、化粧水等も不要ですし楽ちんですよ。

④フェイスタオル

体験のてぶらセットにレッスン時に使用するバスタオル・フェイスタオルはついてますが、1枚余分にフェイスタオルを持参しておくと、何かと便利です。

ホットヨガって終わった後も汗が流れ続けるんです。
汗の出にくい体質の方なら大丈夫ですが、スタジオにタオルを返却後にも汗は暫く出ます。

私は帰りの電車で汗が止まらず、すでに寒い位の秋口だったので、汗で体がすっかり冷えてしまい寒いくらいでした。
うーん、今思うと勿体ない!

⑤替えの下着

たま~~~にいらっしゃいます^^;
想像以上の汗にびっくりして、替えの下着がなくて困る方。

ホットヨガをした下着をつけて帰ることはほぼ不可能です。
汗で濡れた水着のような状態になってるので洋服に沁み出るでしょう。

冬場なら、ダウンを着るので、最悪下着なしでも帰宅できますが、夏場にブラなしは厳しいです。
絶対に忘れないようにしましょう!!

まとめ:ホットヨガ体験当日にないと困るもの

以上がホットヨガ体験当日にないと困るミニグッツのご紹介でした。
些細なものなのですが、ないと困るので忘れずにバックにいれておいてください。

またなにかあれば追記します!