妊活でホットヨガを検討してる方へ
お一人様向きスタジオ
比較ランキング

ホットヨガの効果を高める飲み物・栄養補給法

あると便利なグッツ

「ホットヨガで飲むのは何がいいのかな?」
「水素水?それともコントレックス?」

数年前までは、コントレックスを持参してる生徒さんが多かったですが、最近は、水素水を販売してるスタジオが増えたこともあり、ボトルだけ持参してスタジオで補充する方も随分増えました。

もっと手軽で、簡単で、コスパのいい方法があります。
1日に3リットル以上のお水を飲むことも珍しくないインストラクターが常用しているミネラル補給をご紹介っ

レッスン前後におすすめな栄養補給

ミネラルドロップス

カルシウム、ケイ素、セレン、リン、ヨウ素、クロム、マンガン、鉄、銅、モリブデン、およびそれらの混合物を含む、海水中に見られる様々な微量の72種の自然発生イオントレースミネラルを含む世界一強力でpHバランスのとれた100%天然の微量ミネラル。

コントレックスも確かにミネラル成分が多いですが、持ちは運ぶのは至難の業。
特に、会社帰りに通いたいOLさんにとっては楽ではありません。

このミネラルドロップスなら、500MLペットボトルに1滴入れるだけで十分。
わずか118MLサイズなのですが、半年は余裕で持ちます。

サイズも小さく化粧ポーチに入るので、持ち運びも負担になりません。

私は一時期、ホットヨガのやりすぎで、髪のパサツキや肌荒れがおきてたのですがこのミネラルのおかげで元以上に綺麗になりました。

ホットヨガを継続するなら、1本持ってると便利ですよ~

黒糖

暑い環境でヨガをしたあとは体がぎゅ~~っと陽性に傾いてる状態なので、甘いものを欲しやすくなっています。

しかしながら、白砂糖は体を一気に冷やす陰性なのでおススメしません。

かといって無理に我慢すると、そのあとでドカ食い衝動がくるので、おだやかに血糖値を上げ、ミネラルも摂取できる黒糖がおススメ。

特に汗をかきやすい夏の間は、小分けできるタッパーに黒糖を入れて持ち歩いてました。

ぬちまーす(塩)

市販の塩の中で一番ミネラルが豊富なのがぬちまーす。
ミネラル含有量でギネス認定されている日本が誇る塩です。

お塩は持ち歩きには不便なので、自宅での調理塩として利用するのが一番手っとり早いです。

ホットヨガに慣れると、汗の量にも麻痺してしまうのですが、確実にミネラルは汗と一緒にぬけていってます。
毎日の食事の塩を変えることで、無理なくミネラルを摂取できます。

特に血圧が高めの方は、一般的な塩より、ミネラル豊富な自然塩をおススメします。

まとめ:ホットヨガの効果を高めるミネラル

3商品に共通してるのはミネラルです。
ホットヨガは大量に汗をかくため、ミネラルが普段よりたくさん流出してしまいます。

運動後にポカリスエットやアクエリアスを飲むと脱水症状を防げますよね。
ホットヨガも他のスポーツと同じです。

汗をかいた後はしっかりミネラルを補給してあげてください!

ミネラルを補給すると、髪や肌の艶も変わってくるので相乗効果にも好期待❤